慰謝料を請求しよう

慰謝料という言葉はいろいろなところで使われています。実際にこれから慰謝料請求をしたいと考えている方もいるかもしれません。慰謝料というのは、故意や過失によって他人の権利や法律によって保護されている利益を侵害した場合に、それを賠償しなければいけないというものです。損害賠償として支払われるお金が慰謝料となります。この慰謝料を請求する権利が被害者には与えられているのです。

慰謝料慰謝料は損害の中でも非財産的損害のことを指しています。損害は大きく分けると人的損害と物的損害があります。そして、その人的損害の中の一部が非財産的損害である慰謝料なのです。目に見えないもののことであり、精神的苦痛に対する損害賠償となります。そのため、基本的に慰謝料というのは人的損害に対して認められるものであり、物的損害に対しては慰謝料は認められません。

物を壊した場合にはその価値が明らかであれば損害をすることは簡単にできるでしょう。その物の価値と同額のお金を渡せば良いのです。しかし、精神的な苦痛に対する損害というのは具体的にどのくらいの金額で償えるのか不明瞭です。それでも慰謝料はお金として損害賠償をするのです。当事者間で合意があれば、どのような額の慰謝料でも成立します。

こちらではそんな慰謝料について、どのようにして請求できるのかを紹介しましょう。たとえば配偶者に不倫されてしまったならば、慰謝料を請求できます。そんなときに具体的にどうすれば良いのかを教えましょう。

Pocket